/【美食手帖】家族への愛から生まれた、きらめく果物のお菓子たち

【美食手帖】家族への愛から生まれた、きらめく果物のお菓子たち

『082LABO』の”フルーツ大福”

2021年9月にオープンし、家族連れで訪れる人々もよく見かける『082LABO』。フルーツサンドやフルーツ大福など、果物を使ったお菓子が宝石のように並ぶ。「父が小麦アレルギーなので、フルーツサンドとは別に小麦を使わないお菓子を考えた結果、大福にたどり着きました」と店主は語る。季節ごとにみかんやシャインマスカット等の大福もあり、価格は「お小遣いで買えるように」とリーズナブル。今後はかき氷などの夏メニューも企画中。スイーツを通して店主の温かなまなざしを感じて。

フルーツ大福(2個入り) 460円

いちご大福は白あんと黒あんの2個セットで、季節限定ではなく、年中食べられる。いちごは国産のものを使用し、夏は高原でとれる夏いちごで作るそう

ポイント!

求肥は材料の配合に工夫を重ね、とろけるようにもちもちとした舌触り。みずみずしい果物の、張りのある食感ともベストマッチ

カラフルなフルーツサンドにも注目。生クリームは乳脂肪分を少なめにし、軽やかで食べやすく仕上げている。店内でコーヒーとともに楽しむのもおすすめ

【住】鹿児島市下荒田1-43-34 1F
【問】090(9708)7141
【営】11:00~19:00(なくなり次第終了)
【休】日曜・祝日(不定休あり)
【P】あり
キャッシュレス決済 あり