/【美食手帖】あったか焼き芋をひんやりソフトに絡めて、口の中の温度差も楽しもう

【美食手帖】あったか焼き芋をひんやりソフトに絡めて、口の中の温度差も楽しもう

『サクラノヤカタ』の”焼き芋のソフトパフェ”

南九州市川辺、岩屋公園内の休憩スポット『サクラノヤカタ』。人気の季節限定スイーツ“焼き芋のソフトパフェ”が、今年も9月からお目見えする。濃厚な甘みの焼き芋に、さっぱりとした後味のソフトクリームが高相性。トッピングの焼き芋と芋チップスは、それぞれ地元で生産されたものを使っている。スタッフいわく「お芋は皮まで食べてくださいね!」栄養が凝縮された皮は薄く口にも残らないので、丸ごとかじってしまおう。

ポイント!

南九州市の『維新蔵』で作られる、二段熟成のブランド焼き芋“さつまミライ”。伝統の芋の貯蔵法と最先端の技術を活用した、濃密な味と食感を堪能して

芋パフェに並ぶスタッフのイチオシは“生甘酒かき氷”。やさしい甘さと、細やかな氷に混ざる発芽玄米のプチプチとした食感が楽しい(9月末まで提供)

カフェは公園内の池のほとりにあり、訪れる人々のいこいの場となっている。窓から見える景色や季節の花を眺めながら、ゆったりと過ごそう

【住】南九州市川辺町清水3882
【問】0993(56)0927
【営】11:00~16:00
【休】月曜、火曜(祝日の場合は営業、翌日休み)
【P】あり(800台)
【キャッシュレス決済】PayPayのみ
Instagram @cafe_sakuranoyakata