/【鹿児島の新定番 特集】地域素材を使ったオリジナリティあふれるカレー

【鹿児島の新定番 特集】地域素材を使ったオリジナリティあふれるカレー

きりん商店

 レトロな雰囲気漂う古民家風の店内は、ずっとくつろいでいたくなるような居心地の良さ。「霧島のお茶とよかもん」を集める場所『きりん商店』にはカフェスペースもあり、去年からスパイスカレーの提供を始めました。以前キッチンカーで販売したカレーが好評を博し、現在は金曜・土曜・日曜の週末限定の看板メニューになっています。風味は季節や週によってかわり、野菜は主に霧島産を使っています。店主の杉川さんは長年独自にカレーの研究を重ねており、スパイスはすべて自家調合。本格派でありながら、辛さは控えめです。デザートには、自家製シロップのかき氷をどうぞ。
 お腹を満たしたら、店内を歩き回って自分好みのお土産を探してみましょう。調味料や食べ物系はもちろん、たんぽぽの綿毛をガラスに封じ込めた‟たんぽぽドーム”など、地元の人々が作るちょっと珍しい工芸品もそろいます。
 杉川さんは県内各地の商店と協力して、鹿児島をもっと盛り上げようと「鹿児島商店会」 というユニットで活動しており、今後はイベントへの出店も企画中。店を飛び出して、川遊びなどのアクティビティが開催されることも。今後の活動はInstagramを要チェックです。

本日のスパイスカレー 1000円
この日はレモンチキンとハニーマスタードのあいがけカレーで、ドリンクは霧島抹茶チャイをチョイス。自家製クラフトコーラも人気。ドリンクとセットで頼むと200円引きになる

 

有機栽培の霧島抹茶。飲むだけでなく料理にも使いやすい「いっぷく」シリーズはたくさんの柄があり、好みのものを選ぶのも楽しい

 

クラシックの流れる店内。タイミングがよければ看板猫のねこタローくんにも出会えるかも

 

 

DATA

【住】霧島市牧園町宿窪田1424-2
【営】10:00~17:00
【休】火曜 ※水曜、木曜不定休あり
【P】あり
【キャッシュレス決済】あり
Instagram @kirinsan_a_sugikawa