/【鹿児島の新定番 特集】曽於の美食をお腹いっぱい楽しめるレストランがオープン

【鹿児島の新定番 特集】曽於の美食をお腹いっぱい楽しめるレストランがオープン

道の駅たからべきらら館

県道2号線沿いにあり、都城市と近く鹿児島の玄関口の役割も果たしている『道の駅たからべきらら館』。今年5月、その館内に地産地消のおいしい食事をいただける『レストランきらら』がオープンしました。飛び交う元気なあいさつと、弾けるような笑顔。ここで働くのは、地域のシルバー人材センターに所属する人たちです。「畜産とゆずの町・曽於の食材を活用して、すべて手作りしています。たくさん食べてお腹いっぱいになってくださいね!」。愛情たっぷりの料理は、どれもリーズナブルにしてボリューム大。定食のみそ汁とご飯はお代わりも自由です。健康を考えて、塩分を控えめに作られているのも嬉しいポイント。家族連れや食べ盛りの若者たちに喜ばれているだけでなく、年配の人でもぺろりと完食してしまうのだとか。オープン当初のメニューは日替わりきららランチ(600円)のみでしたが、現在はとんかつ定食(990円)や冷やし中華(550円)など、続々とラインナップが増えています。おいしいご飯とスタッフの笑顔に触れて、体だけでなく、心にまでエネルギーを満たしてもらえる場所です。

 

定食メニューにはメインのおかずに小鉢、みそ汁、漬物、ご飯がつく。ホイル焼きは日曜限定で、肉と魚が隔週交代で提供される

広々とした明るい空間に余裕を持ってテーブルを配置し、ソーシャルディスタンスにも配慮している

柚子の町・曽於ならではのゆず商品も充実。宮崎との県境付近に位置するので、都城から品物にも出合える

DATA

【住】曽於市財部町南俣17-1
【営】9:00~18:00
【休】1月・4月・7月・10月の1日(土曜・日曜の場合は翌日)
※レストランは水曜、12月31日、1月1日休み
【P】あり
【キャッシュレス決済】なし
【問】0986(28)5666
http://mecena-sueyoshi.com/michi-takarabe/